WINDGATE GERMANY BLOG

物件価値が上昇し続けるベルリン

<弊社ご紹介の物件事例1>

2014年にベルリン Prenzlauer Bergの物件を購入

・建物は1950年代の中古物件、レンガ造りのアパート1室
・物件購入単価は€1,508/㎡
・⇒2018年3月時点売却予想価格は⇒@€3,600/㎡

上記のように、約2.3倍の価格となっています。

もちろん、特にこのエリアの上昇率が高かったこともありますが、ミッテの平均でも2014年から2017年で約35%の物件購入取得単価上昇となっています。
これでも、ロンドン・パリ・ミュンヘンより平均地価の低いベルリンは、人口の今後の伸びを考慮すると、まだまだ上昇することが予想されています。

減価償却も7年で、土地:建物比率が平均で30:70もあり、税金対策にも有効です。(相続税対策にもなります)

そんな、ベルリン不動産はまだまだお勧めですね。

<セミナー情報>

ドイツ・ベルリン不動産の魅力!ミニセミナー(東京・渋谷)
(1回だけの参加も大丈夫です)

第1回:2018年4月24日(火)19:00~19:45(キャピタルゲインの魅力)
第2回:2018年5月16日(水)19:00~19:45(減価償却&相続税対策)
第3回:2018年5月28日(月)19:00~19:45(ベルリンの都市としての魅力)
第4回:2018年6月14日(木)19:00~19:45(ウィンドゲートおすすめ物件)
会場:株式会社ウィンドゲート本社内 セミナー会場 18:45受付
住所:東京都渋谷区渋谷1-9-1渋谷ビジネス会館1階

ドイツ・ベルリン不動産の魅力!大阪初開催セミナー(大阪・梅田)
日時:2018年6月22日(金)15:15~16:30
会場:アットビジネスセンター大阪梅田(西梅田MIDビル)
住所:大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル706号室

関連記事一覧

  1. ドイツ インスタグラム instagram_top_page
  2. シュプレー川沿いの開発
  3. ベルリン・ミニセミナー
  4. CASTLE
  5. 尾嵜豪と駐日ドイツ大使ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏が握手
PAGE TOP