WINDGATE GERMANY BLOG

ドイツ、ベルリン中古不動産の魅力

  1. (1)築100年の魅力
    ドイツ・ベルリンには築100~150年といった古い建物が数多く残っており、その多くは歴史的建造物として指定されている。中古不動産市場が発達しているドイツでは、それら歴史的建造物も不動産マーケットで活発に取引されている。しかも、新築価格にひけをとらない水準で売買価格が形成されているのだ。

(2)ベルリン中古不動産の建築水準
何故、ドイツでは中古不動産の価格が新築をもしのぐ人気なのか?
それは中古物件の建築水準にある。特に石造り・レンガ造りで建てられた「アルトバウ」に代表される第二次世界大戦以前の建物は壁厚1メートル以上、有効天井高3メートル以上あるような立派な造りの建物が多数存在している。
さらに外観に意匠が施され、細部までこだわった建物が多く所有する喜びを感じられる。現在の時価で言うと建築工事単価は数倍~数十倍はかかるであろうと言われている。ドイツの最新の建築技術をもってしても、同じクオリティの建物を建てるとデベロッパーは予算超過で大赤字になってしまう水準なのだ。

(3)中古物件のカテゴリー
現在、ベルリン不動産市場で扱われている物件は、基本的に「新築」「中古」と分けることができるが、中古物件についてはさらに3種類のカテゴリーが存在している。

 

 

関連記事一覧

  1. ベルリナーレ
  2. ベルリン不動産セミナー
  3. ベルリン書籍表紙
  4. ベルリンの夜景
  5. ベルリン東駅周辺のシュプレー川沿い
  6. ベルリン不動産投資の概要動画
PAGE TOP