WINDGATE GERMANY BLOG

ベルリンでの民泊(AirBnBなど)について

ベルリンは民泊禁止令が施行されています。

2016年5月に施行されたものですが、日本と同様にAirBnBなどの民泊で収入を得る目的で部屋を貸す家主が増えています。

もともと空室率が2%程度と極めて低いベルリンでは、さらに部屋を借りる事が難しくなっていました。

このような背景をもとに、ベルリンでは2016年5月に民泊禁止令が施行されています。

違反者(家主)には最大 €100,000 の罰金が課せられることとなっています。

一方で、この規制はAirBnB等の民泊を全面禁止しているのではなく、

1.床面積の半数以上を貸し出さなければOK

2.公的な許可を受ければ全フロアー貸出可能

などの一定の条件を満たせば、民泊目的の貸出が可能です。

日本同様に、勝手に民泊をやっている業者とのいたちごっこにもなっており、

今後のさらなる規制の可能性もありますので、注視する必要がありそうです。

関連記事一覧

  1. Wo die meisten neu Berliner 2016 her kamen
  2. ガソリンスタンド
  3. ドイツ不動産賃貸の魅力 rent real estate
  4. テーゲル空港
  5. ベルリン不動産投資フェア 尾嵜
  6. シュプレー川沿いの開発
PAGE TOP