WINDGATE GERMANY BLOG

ベルリン市が施行した「家賃値上げ禁止法」無効とドイツ連邦裁判所

ドイツ・ベルリンでは低い賃料で入っていたテナントが退出後、一気に賃料水準をあげて利回りを改善することが出来たのですが、2020年2月に施行された「家賃上限法」で、築年数に応じて1平方メートルあたりの家賃上限が決められてしまったのです。

これによって、海外からの投資熱が一気に冷めてしまい、ベルリンの景気を悪化させてしまっていたのですが、2021年4月にドイツ連邦裁判所によって違憲判決が出ました。

もちろん、住民側の意見も理解できるのですが、資本主義国である国で家賃設定も自由にできないのはおかしすぎます。

今後も裁判で判決が変わるかもしれませんが、日本の投資家にとっても朗報だと言えます。

※ベルリンの不動産購入に興味がある方は、ウィンドゲートまでご連絡ください。

ベルリン不動産投資

関連記事一覧

  1. ドイツ不動産賃貸の魅力 rent real estate
  2. アレクサンダープラッツ
  3. シュプレー川沿いの開発
  4. ベルリン不動産セミナー
  5. an der Insel
  6. ベルリンマラソン

言語

PAGE TOP